INFO

業務連絡/雑感通信

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Commentary
  4. デザインについて

デザインについて

 

  デザインを構成する要素。「情報」「アート」「芸術」。

情報 = 伝えることを目的とした 五感に働きかける 電波・音・光(色彩や文字 映像など視覚で捉えることができるもの)・素材・味・匂い

アート = 人間の内側にある感性を源として 自ずと沸き起こる 衝動・エネルギー

芸術  = アートを高い次元で表現・具現化するために鍛錬された術

 


 


デザイン
=  現状と目的を理解し、「情報」「アート」「芸術」の 適正なバランスを見極め 反映させることにより、然るべき コミュニケーションの創出と達成、または コミュニケーションの円滑化や継続 を図るための行為。

 

バランスとは無常であり 常にたゆたっている。 つまり 厳密には 適正なバランス というものは 長期的には存在し得ない。

故に デザインそのものに 唯一の答えは存在せず、
「情報」・「アート」・「芸術」に 経験と知識を加え、
制限時間内と予算の可能な範疇と 時代背景や時世を鑑みながら、
より良いと思われる解を 提案する行為となる。